夫は獄中、一方妻は…|刑務所に行く夫にかける言葉は?

夫は獄中、一方妻は…|刑務所に行く夫にどんな言葉をかければいい?

 

 

こんにちは、ユウジです。

 

お稲荷さん先生水無月三日先生の大人気のエロ漫画、夫は獄中、一方妻は…のネタバレをご紹介しております。

 

 

前回、夫は獄中、一方妻は…|刑期が決まってもなかなか刑務所に移送されませんはこちら

 

 

 

夫は獄中、一方妻は…の無料試し読みはこちらから

▽   ▽   ▽

 クリック!!

BookLive!コミック

サイト内の検索窓に「夫は獄中」と入力して検索して下さいね。

 

 

夫は獄中、一方妻は…の様に夫や家族が何らかの犯罪を犯して刑務所に収監されてしまうご家族の方もいらっしゃると思います。

 

さて、それでは、自分にとって大切な夫や家族が刑務所に行くことが決まった時、どんな言葉をかけてあげたらいいのでしょうか?

 

刑期が半年などの短い場合は、

「半年なんかすぐに終わるよ」

「待ってるからね」

などと声をかけてあげる側の方も声をかけやすいと思います。

 

しかし刑期が10年、15年などの様に長い場合はかけてあげる言葉も、どんな言葉をかけてあげたらいいのか迷ってしまうと思います。

 

刑務所に入る本人も刑務所の外の世界に残していく妻や家族に対して申し訳ないという気持ちがある場合もあって、なかなか自分の気持ちを上手く伝えようとしても伝えられない場合もあると思います。

 

そうこうしているうちに刑務所に収監される日も近づいてきて、お互い何も言えずに離れ離れになってしまうという事にも。

 

このケースの場合はやはり刑務所に入る人が自分にとって大切な人だとしたら、たとえかける言葉が思いうかんでこなくても、なんでもいいので声をかけてあげる方がいいと思います。

 

「ずっと待ってるからね!」

「中に入っている間、体には気を付けてね」

「手紙書くから、あなたも送ってね」

 

など、なんでもいいので思いつく限り声をかけてあげる方がいいでしょう。

 

 

刑務所に収監されたあとは、出来るだけ面会に行った方がいい?

 

それでは自分にとって大切な人が刑務所に収監されてしまった場合は、出来るだけ面会に行ってあげた方がいいのか?

 

これも難しい問題です。

 

収監される刑務所と自宅の距離的な問題も出てくると思いますし、なによりもいくら自分にとって大切な人だからといっても、その人の事ばかりを考えて生活するわけにもいかないと思います。

 

やはり第一に考えるのは、刑務所に収監されてしまった人の事も頭の中にあるとは思いますが、塀の外で生活をしていく自分たちの事だと思います。

 

いくら自分にとって大切な人だと言っても、それが元で疲れて体を壊してしまっては元も子もありません。

 

たとえ面会の日数が少なかったとしても、それはその受刑者の人がその事も含めて自分の罪の償いと思わなければならないところだと思います。

 

面会行く日数や予定などは、自分たちの無理のないようにして組むようにしましょう。

 

 

夫は獄中、一方妻は…の無料試し読みはこちらからどうぞ

▽   ▽   ▽

 クリック!!

BookLive!コミック

我慢は体に毒ですよ(*´▽`*)

 

 

次回の夫は獄中、一方妻は…の10話もお楽しみに(●^o^●)

 

夫は獄中、一方妻は… エロ漫画 10話の詳しいネタバレはこちらから

 

 

こちらで夫は獄中、一方妻は…の全話の簡単なネタバレをご紹介しています。

夫は獄中、一方妻は… エロ漫画 ネタバレ/無料はこちらから

 

夫は獄中、一方妻は… エロ漫画|刑務所で安全に暮らす方法は?はこちら